西安易学国际小语种教育

西安易学国际小语种教育

1531996516715319965167

您的位置: 首页 > 新闻资讯

新闻资讯

咨询热线

15319965167
燃えよ剣63

燃えよ剣63

甲鉄艦話はかわる。江戸城の西ノ丸に本営をおく官軍総督府では、密偵や、外国公館筋からの報告で、北海道の状況をくわしく知っていた。毎日のように参...
燃えよ剣64

燃えよ剣64

宮古湾海戦回天、蟠竜、高雄の三艦は、その序列で一列になって南下している。歳三は、ずっと旗艦回天の艦橋にいた。二十二日は、南部藩領|久慈《くじ...
燃えよ剣65

燃えよ剣65

襲撃軍艦回天は闇のなかで錨をあげ、汽罐を低速運転し、襲撃すべき宮古湾にむかってひそかに洋上をすべりはじめた。刺客に似ている。艦橋に歳三がいた...
燃えよ剣66

燃えよ剣66

再会歳三は癇症《かんしよう》な男で、一日のうちで何度か乗馬用の長靴をぬぐう。馬丁の沢忠助が、「あっしに磨かせとくンなさい」とたのんでも、歳三...
燃えよ剣67

燃えよ剣67

官 軍 上 陸官軍艦隊、輸送船団が、江差の沖合にあらわれたころ、歳三はなおお雪の体を抱いてベッドのなかにいた。お雪のまげは、毛布のうえですっ...
>