西安易学国际小语种教育

西安易学国际小语种教育

1531996516715319965167

您的位置: 首页 > 新闻资讯

新闻资讯

咨询热线

15319965167
燃えよ剣37

燃えよ剣37

お雪とそとは、六月の雨。歳三は、お雪の家の縁側へすわって、ぼんやり庭すみの紫陽花《あじさい》をみていた。「ことしは梅雨《つゆ》がながい」つぶ...
燃えよ剣38

燃えよ剣38

江 戸 日 記「いや、私はこの姿《なり》でいい」と、歳三が、ただの浪人姿で東下《とうげ》しようとするのを、近藤がとめた。「道中ではさきざき、...
燃えよ剣39

燃えよ剣39

剣 の 運 命歳三は駕籠で花昌町までゆき、屯営の門をくぐりながら、「いやもう、ひどい降りだ」近藤は、おもだった隊士とともに門まで出むかえてく...
燃えよ剣40

燃えよ剣40

大暗転いやもう、大騒ぎである、天下は。慶応三年十一月十八日、油小路で脱盟の巨魁《きよかい》伊東甲子太郎を斬ってからこっち、近藤は様子がおかし...
燃えよ剣41

燃えよ剣41

伏見の歳三伏見。——人家七千軒の宿駅である。京から伏見街道を南へ三里、夏は真昼でも蚊のひどい町だ。街道をくだってこの...
>