西安易学国际小语种教育

西安易学国际小语种教育

029-8935015518192172363

您的位置: 首页 > 新闻资讯

新闻资讯

咨询热线

029-89350155
燃えよ剣30

燃えよ剣30

四条橋の雲慶応元年五月。維新史の峠といっていい。将軍家茂が、第二次長州征伐を総攬《そうらん》するために京に入った。家康以来の金扇の馬標《うま...
燃えよ剣31

燃えよ剣31

堀 川 の 雨その日、歳三は、小者一人をつれて、午後から黒谷《くろだに》の会津藩本陣に出かけた。辞去したときは、すでに夜になっている。まずい...
燃えよ剣32

燃えよ剣32

お雪歳三、右へ剣を寄せた。頭上は、越前福井藩邸の門の屋根。しなやかな|たる《ヽヽ》き《ヽ》のむれが、美人の手を反らせたようにかるくたわみ、軒...
燃えよ剣33

燃えよ剣33

紅白それからほどない慶応元年|師走《しわす》の二十二日、局長近藤勇が、芸州広島の出張さきからもどってきた。随行した参謀伊東甲子太郎、武田観柳...
燃えよ剣34

燃えよ剣34

与兵衛の店「土方歳三を斬る」というはなしが伊東一派のあいだで真剣に論議されるようになったのは、|この《ヽヽ》前後《ヽヽ》からであった。この前...
>