西安易学国际小语种教育

西安易学国际小语种教育

029-8935015518192172363

您的位置: 首页 > 新闻资讯

新闻资讯

咨询热线

029-89350155
燃えよ剣35

燃えよ剣35

二条中洲の決闘駕籠が二挺。歳三と七里研之助をのせて、月明の大路を、東へ駈け去った。月は、沖天《ちゆうてん》にある。決闘には都合のいい月夜なの...
燃えよ剣36

燃えよ剣36

菊章旗その日。——というのは、この年(慶応二年)九月二十六日の朝のことだが、花昌町屯営の廊下を歳三が歩いていたとき、...
燃えよ剣37

燃えよ剣37

お雪とそとは、六月の雨。歳三は、お雪の家の縁側へすわって、ぼんやり庭すみの紫陽花《あじさい》をみていた。「ことしは梅雨《つゆ》がながい」つぶ...
燃えよ剣38

燃えよ剣38

江 戸 日 記「いや、私はこの姿《なり》でいい」と、歳三が、ただの浪人姿で東下《とうげ》しようとするのを、近藤がとめた。「道中ではさきざき、...
燃えよ剣39

燃えよ剣39

剣 の 運 命歳三は駕籠で花昌町までゆき、屯営の門をくぐりながら、「いやもう、ひどい降りだ」近藤は、おもだった隊士とともに門まで出むかえてく...
>