日语学习5点秘诀!改正陋习练就一手好字

作者:易学国际小易
文章来源:易学国际教育

PCを使って仕事をするのが当たり前の今。文字を書く機会は少ないけれど、だからこそ、ちょっとした伝言メモや宛名書きなどの自分の文字が気になってしまうもの。「自分の字って、あまりキレイじゃない……」と思っても、わざわざ時間を取って練習するかというとそこまでは踏みきれない。そこで、女性にありがちなクセ字を直す技を伝授! 書道サロンの先生にお話を伺った。

%title插图%num

在电脑办公已成为平常的今天,书写文字的机会虽然越来越少了,但在写小便签和签名等时候,还是会在意自己的字迹吧。明知道自己的字不太好看,可又不能专门抽时间去练字。不过没关系,立刻向大家传授简单写出漂亮字的5条秘诀!专门向书法沙龙的老师请教得来的哟。

【1】姿勢をしっかり整える
文字を書く時には、まず姿勢を正すこと。背筋を伸ばし、ペンを正しく持ち、紙は「右目の先」に置く(左利きの場合は逆)。
「肩に力を入れたり、息を止めてしまうとガチガチとした文字になるので、力を抜いて自然な呼吸を心掛けましょう」

【1】切实调整姿势
写字的时候首先要矫正姿势。伸直腰背,正确地执笔,纸张放在右眼下方(左撇子则反之)。
老师点评:“肩部用力或是屏气的话,写出来的字就会硬邦邦的,要注意放松并保持自然的呼吸。”

【2】「起筆」をしっかり入れる
起筆とは文字の1画ごとの始まりの部分のこと。例えば、「大」という文字の「一」を書く場合には、ぐっと角度を入れてしっかりと書き起こすイメージだ。
「何においても、物事の始まりは大事。文字も同じで、一画一画の始まりにぐっと力を入れていけば、自然と文字全体を丁寧にゆっくりと書くようになります。常に起筆を意識しましょう」

【2】开头入笔要稳
“起笔”就是文字每一笔画的开头部分。比如写“大”字的“一”时,要一口气地切入角度平稳地写开来。
“一切事情的开始阶段都是很重要的。文字也一样,用力地写好一笔一画的开端,就能自然而然地认真写好整个字了。平常都应该注意起笔。”

【3】まずは「様」の文字をマスターする
「様」という文字は、宛名書きなどでも最後にくるため、きれいに書けると良い印象を残しやすい。また、文字を美しく書くポイントが詰まっている文字でもあるため、上手に書けるようになればほかの文字にも応用できる。
「まず、“木へん”の三画目のはらいをしっかりと。四画目は、少し下にずらして書くと空間が生まれ、明るく見えます。また、“羊”の部分の3本のヨコ線を等間隔に書くように注意すること。さらに、“へん”と“つくり”の間に一本分の線が入る程度の空間をつくるとバランス良しです」

【3】首先写好「様」字
在书写收件人姓名时都会加上「様」字作后缀,因此写得漂亮的话就会容易给人留下好印象。而且这个字集合里多个把字写漂亮的要素,写得好的话还可以应用到其他的文字书写上去。
“首先,‘木’字旁第三笔的一撇要写得平稳。第四笔下笔稍微往下错位,制作出一点小空间,整体就会显得明朗。而‘羊’部分的三条横线要注意写间隔相等。还有,若能在偏旁和右旁之间隔出一条线左右的空间,整个字的平衡感就会很好。”

【4】ペン先が0.5ミリ以上のゲルインクを使う
高級な万年筆を使えばきれいな文字が書けそうな気もするが、高級品を使う必要は一切ない。先生が愛用しているのは、『無印良品』で売っている普通のゲルインクのボールペンだ。インクが均一に出やすく、サラサラと書けるのでオススメだそう。最近は、細めのペンが流行っているが、実は0.5ミリ以上の太めのペンの方が読みやすいのだそう。

【4】用笔尖0.5mm以上的中性笔
很多人都认为用高级钢笔就能写出好字,其实用高级货是完全没必要的。老师喜爱使用的就是“无印良品/MUJI”中卖的普通中性笔。因其出墨均等,书写顺滑,所以大力推荐。虽说最近很流行细头笔,但实际上用0.5mm以上的笔芯写字更方便阅读。

【5】毎日5分、名前と住所を1回ずつ練習する習慣を
美文字への道は、一日にして成らず。毎日5分でも文字を丁寧に書く練習をすることが大事だという。
「文字を書くことは、自分自身の潜在意識とつながっています。3カ月程度、継続して練習することで、自然と美しい文字が書けるようになってきますし、内側から溢れるような心の美しさを養うことができますよ」

【5】养成习惯,每天5分钟书写名字和家庭地址
一手好字不是一天写出来的。每天用5分钟来认真地练字是很重要的。
“写字与自身的潜意识有关。坚持练字3个月左右,不仅能自然地写出好看的字了,还能养成由内散发出来的心灵美。”

上一篇文章
日语每日一说:我今天第一次知道了父母为了给我和妹妹挣大学学费,竟然打了两份工
下一篇文章
提高日语口语:要注意这4个误区

课程推荐

咨询热线
微信咨询
  • 扫一扫有惊喜
菜单