文章作者:小易
文章来源:易学国际教育

山に住む動物たちが、夜の暮らしを見守ってくださるお月様に感謝のいを示そうと、いろいろな芸を行ってお月様に見てもらおうと言うことになりました。

住在山里的动物们,为了向每晚守候自己的月神表示感谢,决定表演各种才艺给月神观赏。

 

動物たちが、自分の得意な芸の話をしている中、猪だけは「俺にはお月様に見ていただく芸がない」としょんぼりしています。それを見た動物たちは「お月様に怒られても知らないぞ」「芸なしは仲間にしないよ、早く帰りな」と猪をのけ者にしました。

在动物们讨论自己擅长的才艺时,只有野猪悲叹道:“我没有可以请月神观赏的才艺诶。”其他的动物听了之后,说:“要是被月神骂第了,我们可不管。”“我们不和没才艺的人做朋友,你快回去吧。”就不再理睬野猪了。

 

猪は住処に戻って、弟の猪に事の次第を話、「お月様に申し訳ない」と泣きました。すると、弟の猪は「兄貴、俺たちにだってできることがあるさ」と言いました。

野猪回到家里,把事情的经过告诉了弟弟,哭泣到:“真对不起月神啊。”弟弟说:“哥哥,即使是我们也有可以做的事吧。”

 

さて、十五夜の晩、動物たちはお月様に見ていただくためにいろいろな芸をしました。ウサギは杵つき踊り、たぬきは腹鼓、狐は狐火を操る芸を、猿はそれらの芸をそっくり猿真似してみせました。

十五的晚上,动物们表演各种才艺请月神观赏。兔子表演捣年糕舞,狸表演敲肚皮鼓,狐狸表演口中吐火,猴子又瞎模仿那些表演。

 

でも、お月様は少しも喜んだそぶりを見せませんでした。動物たちは「どうすればお月様が喜んでくれるんだろう」とすっかりしょげてしまいました。

但是,月神显得一点也不开心。动物们也都沮丧地说:“怎么才能让月神开心呢?”

%title插图%num

ところで、その反対側の山では、猪兄弟がお月様に向かってこう言いました。「俺たち、何も芸がないけど、せめて力いっぱい相撲を撮ってお見せしますので、どうか見てください。」

这时,在山的另一边,野猪兄弟对月神说:“我们兄弟虽然没任何才艺,但至少我们可以努力地比赛相扑,请月神观赛吧。”

 

そして、猪兄弟が山の頂の台地を土俵に見たて、力いっぱい相撲を取りました。その一生懸命さにお月様は熱心になって見ておりましたが、やがて「わっはっは、のこったのこった!」と大きな声で笑いました。

于是,野猪兄弟把山顶的圆形高地视作土俵,努力地比赛相扑。看到他们比赛得那么认真,月神也看得很投入,并且说:“哇哈……哈,还有机会呢。”大声地笑着助威。

 

これを見た他の動物たちは面白くありません。「なんで相撲ごときが面白いのか」「下品なばかりでちっとも楽しくないじゃないか」と文句を言いました。すると、お月様は動物たちに向かって「自分の自慢ばかりして他人を貶めてはならん!たとえ芸がなくとも一生懸命相撲をとってみせる、この姿勢こそが大事なのだ」と言ってしっかりました。

别的动物看到这个景象都觉得很无趣,抱怨道:“相扑比赛之流又有什么有趣的呢”“除了看着鲁莽以外,一点也不令人愉悦”。月神听到后,严厉地批评动物们说:“不要只顾着炫耀自己而去贬低别人!虽然没什么才艺,但是努力地比赛相扑给我看,这种态度才是难能可贵的。”

 

それからも、十五夜の夜には猪兄弟による奉納相撲が、山の台地でたびたび行われたと言うことです。

从那以后,每逢十五的晚上,野猪兄弟经常会在山里的高地上为月神献上相扑比赛。

上一篇文章
是不是你的心声:“我太难了”用日语怎么说?
下一篇文章
日常韩语会话

课程推荐

菜单
您好,有任何疑问请与我们联系!
易学国际教育
易学国际教育
易学国际教育
易学国际教育