去日本必须要经历的体验

作者:易学国际小易
文章来源:易学国际教育

実は日本はかなり変わった文化の国であるため、海外の人が日本に来るとイロイロと物珍しく映るようになっているわけですが、その中でも特に「日本に来たらこれだけはやっておけ!」というのがあるようです。海外の人を出迎える時に参考にすればよい体験をしてもらえるようになるかも。

日本实际上是一个多文化融合的国家,因此海外的人们来到日本会有各种新奇的事物映入眼帘。但在这些新奇事物当中也有着“来日本的话一定要干这些!”的事。在迎接海外的人时当做参考也可能是个不错的体验。

というわけで、海外の人が日本に来た時にすべきだという10個の体験を見てみましょう。

因此,让我们来看看所谓的外国人来日本必须要经历的几个体验吧。

詳細は以下から。

具体如下。

第8位:日本語を話してみる

第8名:试着说日语

確かに英語だと世界中のいろいろなところで使われていますが、日本語はあまり使われていないのに加えて、ひらがな・カタカナ・漢字の3種類を組み合わせているので、貴重な体験になるのかも。

英语确实是世界上使用最广泛的语言,但日语不经常被使用加上平假名、片假名和汉字三个种类组合在一起,可能会是一种珍贵的体验。

第7位:相撲(スモウレスリング)を見に行く

第7名:去看场相扑(相扑比赛)

上半身裸の巨漢たちが激しくぶつかり合い、日本の国技的位置づけにある相撲を見るというのは確かにいい思い出になりそう。

看着上半身赤裸的壮汉们激烈的搏斗着的日本国家级竞技赛事相扑确实会成为一个不错的回忆。

第6位:カラオケで曲を歌う(それも大声で)

第6名:在卡拉ok唱歌(而且是大声唱)

カラオケは海外でも「KARAOKE」と呼ばれてそのまま日本語発音が単語になっているぐらいなので、日本発の文化として確固たる地位を築いていると言っても過言ではないはず。

卡拉ok是即使在国外也被直接按照其日语发音叫作“KARAOKE”的单词,因此说其享有作为日本萌发的文化的坚实地位也不为过。

第5位:新幹線に乗ってみる

第5位:乘坐新干线

よくよく考えるとこれだけ鉄道関係が発達しているというのは世界的に見ても非常に珍しく、定刻通りに電車が来るのが当たり前で、JR東海が新幹線技術を海外に売り込もうとがんばっており、アメリカでもオバマ大統領が高速鉄道を作ろうとしていることから考えても、一度新幹線に乗ってもらうというのはなかなかナイスで先進的な体験になるはずです。

仔细想想铁路建设如此发达这在世界上也是很少见的,电车准时是肯定的,JR东海一直致力于将新干线技术卖给国外,即使是美国,奥巴马总统也想过建造高速铁道。乘坐一次新干线肯定是很好很先进的一次体验。

第4位:回転寿司を食べる

第4名:吃回转寿司

寿司だけでもかなり人気があるというのに、さらにベルトコンベアに乗った寿司がぞろぞろと出てくる光景は海外の人にとってはかなり異様なようです。そのため、実際に時間制限無し食べ放題の回転寿司「Ryugu亭」に行った時も海外の人だらけでした。

仅仅是寿司就很有人气,在传送带上缓缓移动的寿司的场景更加让外国人觉得新奇。因此,实际去没有时间限制的“Ryugu亭”时里面也全是外国人。

第3位:秋葉原に行く

第3名:去趟秋叶原

いわゆるオタク文化とかその他諸々いろいろなものがあれだけの面積にごっちゃごちゃに固まっているというのは確かに圧巻。日本人でも秋葉原に行ったことのない人があの光景を見ると、思わず「おおー」と言ってしまうということは、ほかの国の人が見ればもっと「おおおおー」となる、というわけ。

所谓的“宅文化”或其他各种文化全都聚集在那么一个不大的领域,融合且根深蒂固确实是最吸引人的。即使是没去过秋叶原的日本人看到那儿的场景也会情不自禁的“噢~”,外国人看见的话会更加“噢~~”。

第2位:温泉・銭湯に行く

第2名:去泡温泉

そもそも湯船に山ほどお湯を張ってそこにどっぷり浸かるということ自体が海外では一般的ではないのに加えて、「大浴場」のあのどことなく一風変わった空気感はかなり物珍しく感じられるはずです。

原本在国外将自己完全浸泡在满是热水的浴缸里是不常见的,而且与“大浴场”不同,能感受到从未有过的空气感。

第1位:富士山に登る

第1名:登富士山

日本で最も高い山・富士山はいろいろな浮世絵や風景写真に登場する頻度が高いため、富士山に登頂するということはかなりよい経験になるはずです。

日本境内海拔最高的富士山经常出现在各种浮世绘和风景写真中,因此,登上富士山肯定是一个很不错的体验。

上一篇文章
掌握了这些小技巧,日语学习更容易。
下一篇文章
TOPIK考试该如何备考?怎样制定备考计划?

课程推荐

咨询热线
微信咨询
  • 扫一扫有惊喜
菜单